2007年04月21日

阿賀の里〜みかわ〜漢学の里しただ

旅は概ね順調。
だがしかし、このあと意外な落とし穴が。



「阿賀の里」(14:29 走行距離:523.2km)

20070421_25.jpg 20070421_26.jpg 20070421_27.jpg

またまた国道7号を南下。
途中、ようやく国道7号に別れを告げ、国道290号を経由して国道49号へ。
そのまま東へ進むと、右手に見えてくる。

ここはお土産の売店が充実している。
というのも、ここは阿賀野川ライン舟下りの下船場にあたり、観光客向けにおいているから。
あとはレストラン、情報コーナー。

今回は立ち寄らなかったが、ここのレストランは鮎や岩魚の釜飯がおすすめらしいので、
寄る機会があれば食べてみたい。

スタンプを押し、お土産を購入。


「みかわ」(15:05 走行距離:529.2km)

20070421_28.jpg 20070421_29.jpg 20070421_30.jpg

国道49号を東へ。「阿賀の里」からはそれほど離れていない。

こぢんまりとした小さな道の駅で、売店と食堂がはいった建物と、農産物の加工場があるのみ。
特に欲しいものもないので、スタンプを押し、周囲の探索へ。

ここから少し離れたところに「将軍杉」と呼ばれる、天然記念物指定の巨大な杉があるというので見に行く。

20070421_31.jpg 20070421_32.jpg 20070421_33.jpg

根周り19m、高さ38mで樹齢は1400年ほどらしい。
しばし休憩したのち、出発。


「漢学の里しただ」(16:37 走行距離:575.6km)

20070421_34.jpg 20070421_35.jpg 20070421_36.jpg

国道49号を少し戻り、途中、国道290号を西へ。
国道289号との交差点を東にしばらく進むと案内標識があるので、それに従うと到着する。

が、ここでアクシデント。ナビの表示位置がおかしい。
交差点をいくつか曲がったところで、自車位置が別道路を通っていることに気づいた。
道が入り組んでいると時々おこる現象ではあるので、この時点ではそれほど気にしていなかった。

が、しばらくすると道からはずれ道なき道を移動し始める。補正が効く気配はまったくなし。
これはおかしい。

幸い、目的地はすぐ近く。ナビの案内なしでも問題ないのでとりあえずは目的地へ。
時間は間に合うのか?

メイン施設は、漢学の研究者、諸橋轍次博士の記念館と、売店、食事処があるのみ。
で、時間はというと・・・
売店などの営業時間には間に合いませんでした。
かろうじてスタンプは押せたので、まあ御の字とするか。
posted by ひろ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンプラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39968438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。